<   2014年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

カメラ教室へ行ってみた~忘備録~①


へっぽこです!!
週末のお休みは
カメラ教室に。
そして、支笏湖にある風不死岳という山に登って来ました!
今回は単独です。

樽前山のお隣の大きい山です(^^)
ヤマレコにレポあげてますので
良かったら、どうぞ♪
☆ヤマレコレポ・風不死岳☆






まずは、、
忘備録としてカメラ教室のレポをサラッと・・・

一眼を持って、間もない方やこれから買おうかと思ってる方。
買ったはいいけど使い方がイマイチわからない。。などなど・・・

超ド級の初心者の方向けな講座で
サラッとではありますがね汗
習った内容記録します~
ひそかに、参考になればと思います^^;

忘備録なので、今回は文章ばっかりです。爆


教えていただいた先生は
某市在住の先生で
写真展や大学生に教えたりとキャリアのある方でした。


今回は座学で
約3時間の講義。
まずは、カメラの歴史から入りました。

カメラの持ち方も「やってはいけない例」教えてもらいました。
へっぽこは、ガッツリやってはいけない例。で持ってました( ̄▽ ̄)

ストラップを肩にかける。←悪い例。。
ストラップは首に必ずかけるか
腕を一回り通してからカメラを持つなどなど。。。



特に何かをしながら~の時は注意せねばなりません(;´Д`)ハアハア


続いて、
<絞りとシャッタースピードの関係性>

先生も一言で話すのが凄く難しいと言っていた。。

私も、本やなんかで読んでてもイマイチよくわからんのですよ。



水道の蛇口から流れる水とコップで例えて・・・
これもまたわかりづらいんですが^^;

蛇口から出る水が光の量。
蛇口は絞りで
出る水の速さはシャッタースピード。
コップにたまる水の量が露光量。


蛇口をいっぱいに開いて水をじゃーっと出すとそれだけ水にたまっていく時間は短くなりますね。


逆に水を少しずつ出しながら時間をかけてコップにためていく方法。


これも、シャッタースピードを長くするのと同じで
蛇口と時間を適度に調節して
コップに水を適量にいれれば適正露出。ということなのですね。


蛇口いっぱいに開いて水を出すと
コップにも早く水が溜まって溢れさせてしまうのが
いわゆる露出オーバーってやつで
白っぽい写真になり・・・

逆をすると露出アンダーといって
暗い写真になってしまうのです。


私は最初、全く理解出来なかったのですが^^;
ようやく理解出来た感じなのです。
要は・・・

絞りを開くと(数値を小さくすると)シャッタースピードは速くなり
その逆だとSSは遅くなるんですよ。ってことです。^^;



やはし、アレですね。
文章で読んで何となく理解して
実際に色々なシチュエーションで撮影してみて
段々わかってくる。。そんな感じですね。

実践しないとダメなんだなーと痛感しました。






<シャッタースピードの役割>


大体、SSを1/60~1/125秒程度で撮れば
滝なんかを肉眼で見たように写ります。


ちょいと変化をつけたいとき。
SSが1/30秒以下(低速シャッター)にすると滝が流れたように写ります。
1/250秒以上を高速シャッターといいます。


高速シャッターの場合は、動いてる被写体を止まって写したい時。
流れなど動感を強調したいときは低速で。


※渓流など・・・※
一秒程度は綿を引きのばしたような柔らかさ。
5~10秒は流れがたなびく雲海のように写ります。
SSを変えて撮り比べしてみると良いでしょう。






<絞りの役割>

絞りは光の入ってくる量をコントロールしたり
被写界深度(ピントが合っているように見える範囲)のコントロールがあります。


絞りを小さくする(値を大きく)とピントの合う範囲が広がり~
絞りを大きくする(値を小さく)とピントの合う範囲が狭くなり~
背景がボケたような写真が撮れます~


レンズ性能が良い状態で設定されているのは
大体F11らしいです。
クライアントから頼まれる際は、この値でISOは100で!と指定されることが多いそうな。


写真を撮る状況にもよるけれど
日本人はボカすのが大好きだと外国の方から言われてるみたいですねw
向こうの方はそんなにそんなにぼかさないみたいです。
私は基本ぼかすの、大好きです(^^)



人の目では見ることないボケを利用した写真も作る事ができます♪


風景写真はf値を大きくする、画面全体をシャープにさせる
パンフォーカスが基本。


花とか植物を撮るときは絞りを開き気味に。
風景は絞って。花々は開ける!!






<露出モードの特徴>

P(プログラムオート)
絞りもSSもカメラ任せ。スナップ写真や結婚式・パーティなど
シャッターチャンスを逃したくない撮影に効果的。

S(シャッター優先オート)
撮影者がシャッター速度を設定。絞りはカメラ任せ。
スポーツなど動きを主体とした撮影に効果的。

A(絞り優先オート)
撮影者が絞り値を設定。SSはカメラ任せ。
被写界深度を生かした花やポートレイトなどに効果的。

M(マニュアル)
全て撮影者が設定する。
これは自動露出が利かない花火や星夜撮影に効果的。








<露出補正>

一眼レフに内蔵されている露出計は、
反射率が18%(色は濃い目のグレー)が基準。


カメラは、黒も白もグレーに写そうとしてしまうのですね。
それがオートの弱点でもあります。



明るい被写体、例えば
雪景色や逆光、黄色や白い花をアップで撮る場合や反射率が高く露出アンダー(暗い写り)
森の中や暗い部分が多い被写体は反射率が低いため
露出オーバー(明るすぎる写り)になってしまいます~

液晶で確認して
+補正-補正と調整して撮るようにしましょー。



berore
b0281366_1454535.jpg

after
b0281366_1455364.jpg







berore

b0281366_1454264.jpg



afterはっきりと良くわからんかった。
b0281366_14555888.jpg



白は+。
黒は-。
合言葉は
くろまい、しろっぷ!!!!!!!!!やで。
(`・ω・´)シャキーン










<ピント合わせ>

オートフォーカスとマニュアルがあります~
通常はオートフォーカスで撮影しますが
ピント合わせが苦手な被写体にはマニュアルを使用します~



●フォーカス優先
シャッター半押し。ピント表示●印が点灯すると、
ピントはそこで固定、フォーカスロックされます。
風景など動かない被写体に効果的。


●レリーズ優先
シャッターボタン軽く押し、●印が点灯してもロックは行われず
シャッターを切るまでピントを合わし続けます。
スポーツなど動く被写体に効果的。





オートフォーカスが苦手な被写体。
このような場合はシャッターが切れない事があります。
そんなときはマニュアルに切り替えてピントをあわせまひょーーー


●被写体の明暗差がはっきりしない場合
単色の被写体や濃霧の中の被写体など

●被写体の明暗差が極端に異なる場合
太陽を背にした日陰の人物

●被写体が小さな場合
コントラストの強い方にピントが合います。

●ビルの窓など連続した繰り返しパターンの被写体。



他にもAF-Aモード
3D-トラッキング
ダイナミックAFモードなんかあります。


いや~
キャメラは

奥が深いわね・・・・・!!!






今回の講座はここまで。
来月は撮影実習も行われます♪

実際に撮った写真を持ち寄って
スライドでみんなで見て
先生のアドバイスをもらいます(^^)


プロの方に見ていただく機会なんて
そうそうあるもんじゃないのでw
しっかり吸収したいですね(;´Д`)ハアハア







ある日に撮った夜景。
b0281366_15494657.jpg

かんっぜんに失敗しました。
まずですねーーー
ぼけぼけww
そしてもうちょっと暗くなってから。

やぱね、三脚を持っていても
シャッターを押すとブレる訳ですよ。
なので次回はセルフタイマー使用。それかリモコン。


あともうちょっと遅い時間で。
陽が落ちてから15分間が勝負とおっしゃってましたw



先生はよく山の風景写真も撮られるのですが
不安定な場所だったり風だったりしたときは
三脚の長さを調節するレバー部分にカメラバックなりザックなりをひとまわりさせて引っかけて
更に角度調節部分を手でガッチリおさえて撮ってるっておっしゃってました。


なーるーほーどーー
確かに、山まで重い三脚を持って行くの大変ですもんね。
アイディアだなーと思いました。




あと、生徒さんで
「冬場はレンズの結露が気になって、撮影全くしてないんですけど
何か対策はありますか」


ふーむ・・・


先生は
おくるみに包んでカメラを保護したり
気にはしているけれど
そんなにシビアに考えなくてもだいじょぶよ♪

さっきの別の講座でも同じことを質問した人がいたけれど
何、それ今話題になってんの?!と言ってましたw



必要最低限、気にしたりはするけれど
そういうのを恐れて
撮影せずにいるのももったいないですよねー


わたくしめは、あまり深く気にしないほうなので
逆にもっと気にしなさい!!とダメだしされたりします( ̄▽ ̄)v


次回の講座も楽しみ♪

まだまだ書き忘れた
ことがある気がするので
ちょこちょこっと追加していくかもです(^3^)


ってな訳で
忘備録②に続きます・・・・
それはまた再来週以降に(^3^)



by shizuko0421 | 2014-02-26 17:15 | life | Comments(1)

冬山用グローブのレポ。まだ発展途上。


へっぽこです!
今週も、雪山へ遊びに行きたかったのですが
体調があまり良くないので
お預けですーー(T△T)


くそう、くそう!!


そんな訳で(?)
備忘録と題して
冬山用のグローブレポを・・・汗



そんなに大した記事でもないので
あまり参考にはならないかもしれませんが←オイオイ^^;



冬山は今年で4回目です。
頻繁に冬登りに行く訳でもないし。。と思い
ずっとスノボー用のグローブを使用してました。
いい加減、新調しようと。




それまでかなり色んな所から調べて
実際に試着して・・・・・・
何枚か買ってみました。




オーバーグローブは防水・防風を目的で暖かさは必要なし。
中に履くグローブは暖かさ重視で選びました。
なおかつ、重ねて履いてもごわつかないもの。




まずは、インナーグローブに
モンベルのメリノウールの手袋。
価格は1,800円位だったかな?

スマフォ対応というところに惹かれました。
GPSやログ操作の確認の際に
iphoneをイジるので
スマフォ対応は必須。


b0281366_15202449.jpg







そして、ウール素材のグローブ。
秀岳荘にて。
(イスカのウールが欲しかったのですが生産終了らしく売ってなかったです泣)
価格は6,000円ほど。
高いです。やぱ、オールウールだから?!

b0281366_15202816.jpg







そして、オーバーグローブはイスカの5本指にしました。
ずっと欲しかったオーバーグローブ!
3本指のと迷って。。
ミトンや3本指の方が暖かさはあると思うのですが
操作性を重視しちゃいました。

手のひら部分は滑り止めもついてます。



b0281366_15203287.jpg







早速、前の漁岳(標高1,300mほど)で使用してみました。
この日は天候も穏やかで、気温もそんなに低くなかったです。
多分-2.3度ほど。



この3枚で試してみましたが
暑い位でした(^^;)
まあ、当たり前ですね汗



あとは冬登山でよくやらかすんですが
ポールを持つ時に、よくガッチリ握りすぎて手の感覚無くしちゃったりしてしまうので
手の平部分?で持つように心がけたりしてました。。。

実際、現場に出たときも
もっとこうしよーとか、気づくこともたくさんありますね~




撮影時ですが
3枚重ねて履いてる時でも撮ることはできました。
簡単な設定変更も可。
細かい設定変更はさすがに厳しい~




脱いで細かい手作業なんかするときも
イスカのオーバーとウールグローブを中に入れたまま脱いだり着たりしてました。
よく、手袋を落として中に雪が入ってしまったりやらかしてたんですが
このオーバーグローブは、裾部分を絞れるので入ってくる雪もガッチリガードできる♪



冬の低山はこれでOKかもしれません!
ただ、厳冬期の2,000m級の山だったら寒いだろうなあ
まだもう一枚追加が必要ですのぅ・・・




山道具は本当に進化してますね!爆
この位、当たり前なのかもしれませんが
冬専のグローブと言っても、色んな種類のがあって
見るだけでも楽しかったです(^0^)





春・秋用は
BDのこのグローブに。
お値段は3,000円ほどだったかなー
b0281366_15201423.jpg








BDはお値段もバカみたいに高くなく、尚且つ使用感もなかなか良しなので気に入ってます。
中は起毛素材。
b0281366_15201719.jpg






去年の夏はノースのスマフォ対応のグローブ使ってたのですが
1シーズンでボロボロになってしまいました(T△T)
手袋は本当に消耗品ですね・・・




今年の夏山も、ホームセンターとかで売ってるような安価なグローブにしようと思います。
あ、100均(セリア)で売っていた
手のひら部分だけがメッシュになってる手袋もかなり重宝してました\(^0^)/





本当は、予備用のグローブも欲しいのですが
一気に買うと予算オーバーしてしまうので、少しずつ書い足していこうと思います♪(^^)





へっぽこの挑戦は
これからも、、、、
続いてゆくのです!!!!!!!!





by shizuko0421 | 2014-02-16 13:06 | 登山 | Comments(2)

へっぽこ、漁岳へ行く!! 2014.02.11



へっぽこです!!

帰還しました~!

お休み中も、コソコソと写真撮ったりしてました!!
こちらもマイペースにUp出来たらと思います~



山行レポです!!←わかったから。

百松沢山の次に登った山は、漁岳!!
支笏湖周辺の山です。
7時前にオコタンペ湖の駐車スペースへ到着。。
最初は、オコタンペ山~漁岳~小漁山の予定でしたが・・・


警備員のオジイチャンに工事で入れないし、停めるのもダメと
かなりエキサイトしながら私たちに怒っていて
予定を変更して、漁岳の林道からオコへ目指そうかーということに。


ヤマレコのユーザー様が、オコタンペ経由で登ってらしたので
その方のログを参考にさせてもらいました(^3^)


※ちなみに、漁岳の駐車スペースですが
林道入口に2,3台の駐車スペースがあります。横に駐車ではなく
縦に駐車する感じです。
充分な路肩の除雪は入ってないので、スコップを持参するか
林道から国道のオコタンペ湖方面へ車で数十秒行くと左手に駐車スペースがあります。
こちらはかなり広いので、今回ここに停めて
漁岳林道まで歩きました。時間にして大体10~20分位かな?

b0281366_14194380.jpg




道なき道へ足を踏み入れました
スノーシューで軽く沈む程度でラッセルはありません。歩いてても楽です。
しばらくはこんなところを歩いていきます。

b0281366_13291841.jpg




あの稜線出るまで登るで~!と頑張るのですが
急登にふかふかの雪にスノーシューだとなかなかキツイ。
ズルッと滑っちゃうんですよね、キックステップも意味がなく・・・

膝で登ってました。笑


ようやく出た~~\(~o~)/

b0281366_13313396.jpg




稜線を出て、ちょっと進んだのですが、どうも先に進むには木が邪魔で進むに進めない。
ここを通るんかい・・・・・

しかも斜度もある。
時間は1時間でまだ3分の1進んだかどうか。。

時間が掛かり過ぎていたので
引き返して、素直に漁岳林道へ戻ってピストンにシフト変更ーーー



長い長い林道を歩いて
ようやく漁岳の取付き部へ到着。
そこから、少しの急登が続きます。


そんな時は、MSRのヒールリフトが効きます!
冬山登山では、ヒールリフト付きがおススメです~♪(^^)

急登を登り終えると、またしばらくなだらかな道なりが続きます。





頑張ってひーこら登って・・・・・・

コレ!!!!

b0281366_1342193.jpg






きたわあ・・・・・(;´Д`)ハアハア

稜線歩きが気持ち良かったのです。

b0281366_1420030.jpg








このビューポインツは激写しまくりです!!

b0281366_14231672.jpg







記念撮影。
恵庭・支笏湖・オコタンペ湖 The day。 ( ̄▽ ̄)v

b0281366_13424289.jpg






ここで、もぐもぐたいむしてたのですが
スキーを履いて登って来た二人組。。
まだ、もうちょっと行ってからわかったのですが
ぴよしろうさんでした~!

隠れファンな私はとっても嬉しかったですね\(^0^)/


ここから先はひーこらする箇所は特にありません。(私はひーこらしましたがw)





そして、見えてきた
漁岳様。
先に行く、ぴよしろうさん達が見えます。

b0281366_13572349.jpg






こっから最後の踏ん張りどころです!
かなりの斜度あります。
滑落しそうで怖かったですねー。
スノーシューでも登れましたが
アイゼンとピッケル使用が安心かと。

b0281366_1443453.jpg






大変だった急登を終えて、、、
途中敗退しましたが汗
スタートして約5時間で漁岳の山頂に到着!!!!

b0281366_1410552.jpg



羊蹄山は雲で見えませんでしたーー(T△T)




小漁山への稜線。
とっても綺麗です!もうちょい体力つけてから
今度こそ~!縦走したいですね!

b0281366_14104736.jpg






写真撮影をして、すぐ下山しました。
楽しみにしていた尻滑り。
雪が深くてふかふかで埋まってしまうのです~
埋まりながら滑りました。

b0281366_14153114.jpg







下山は早いです~。スキーだったらもっと早いんだろうなあ・・・
子供用のミニスキーとか履いてみようかしらーん!

b0281366_14191070.jpg






下りの長い林道も歩き・・・
無事に入口に戻ってきました~!


何だか、今回も登り応えがありましたー
オコタンペ山へのアタックでちょっと体力消耗しちゃいましたね^^;
まあ、でも良い経験になりました!

次の日、筋肉痛になったのですが
気持ちは冷めやらぬ。
とりあえず、もっとラセラする体力つけなくては~~\(~o~)/



こちらもどうぞ~☆
ヤマレコレポ・漁岳




☆ここ2か月先までに行きたい山☆

恵庭岳冬ルート
徳舜別&ホロホロ山
風不死岳北尾根
野塚岳
沙流岳
黒岳





冬用のグローブ、新調しました。
以前はスノボのHHグローブ使ってました( ̄▽ ̄)

いい加減、山用のを買おうと。。。
かなり迷いましたが、色々な情報を参考にしつつ
試着も何回か繰り返し。

ようやく形がおさまりそうです。
その使用感レポは、また次回に~!






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



by shizuko0421 | 2014-02-13 15:10 | 道央の山 | Comments(9)