<   2014年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

今年も登った夕張岳。ちょっと物言い!!




今回は夕張岳に行ってきました!

お花もたくさん咲いてましたよ♪
全部は掲載しきれないので
何枚かピックアップしてサクッと載せます。



詳しいお花の様子は
こちらもご覧ください★



楽しかったー!有意義な山行だったと言いたいところですが
今回はかなり遺憾に思う出来事があったので、
そちらもレポしたいと思います。

今年も林道は閉鎖。
往復14kmを歩くか、自転車なりで通行せねばなりません。
朝の5時過ぎに出発。

駐車スペースは車でびっちりでした。
花の百名山だからか、人気の高さがうかがえます~

70分ちょっと歩くと登山口手前到着。
登山口より数百㍍手前にトイレブースもあり。
b0281366_13512259.jpg



7kmを歩いて、ちょっと達成感( ̄▽ ̄)
てくてく歩くと登山口到着。
b0281366_13512508.jpg


今年も冷水の沢コースから。
馬の背コースは急登で段差も大きく下山でも辛かったので登りも下りも冷水コースです♪

ちらほらとお花咲いておりました。
リンネソウ
b0281366_13562485.jpg





オオバミゾホウヅキ
b0281366_13563911.jpg





スダヤクシュ
b0281366_13565522.jpg





ミヤマスミレ
b0281366_13571004.jpg






ミヤマハンショウヅル
b0281366_14033198.jpg






途中、馬の背コースと合流。
シラネアオイの群生ポイントではまだまだ元気に咲いておりました!


望岳台に到着。
b0281366_14013944.jpg




登山道は、がれきが崩れてきそうなほどの段差が高い箇所や歩きづらいところもあるので
慎重に登ります。

途中雪渓もありますが、ほんの歩いて数歩程度です。
b0281366_14015694.jpg






ミヤマキンポウゲ
b0281366_14035352.jpg





カラマツソウ
b0281366_14045803.jpg






ミヤマオダマキ
オダマキさんは、沢山咲いておりましたが
枯れているのがほとんど・・・
僅かに残ってました。
b0281366_14050684.jpg





チシマヒョウタンボクの蕾。
b0281366_14074556.jpg






ミツバオウレン
b0281366_14084702.jpg





ツマトリソウ
b0281366_14093410.jpg







ずっと見たかった青空と白い雲!!

b0281366_14101877.jpg







ユウバリタンポポ
下界に咲いているたんぽぽより、大ぶり。

b0281366_14150787.jpg









とっても気持ちの良い木道歩き♡
この辺は、来月頃になるとシロウマアサツキの群生が拝めます。
今はまだ蕾状態でした。
b0281366_14102996.jpg










目指すはあのてっぺんやで!!
b0281366_14104964.jpg









更に進むと、ユウバリソウやツメクサ、クモマユキノシタエリアへ突入。
ユウバリソウはもう終わりかけ。
b0281366_14143834.jpg







大好きなクモマン( ´ ▽ ` )ノ
b0281366_14142267.jpg







へっぽこは、やっぱりへたれだから?!
初めてダニに噛まれました。
手袋は装着。長袖は、手の甲まで覆うタイプを着ていたけれど
中まで侵入していたようです。
何かむずむず痛痒いなーと思っていたら!

腕時計をしていたので、そこから上へは行けなかったよう。。
yahに取ってもらいました。
まだ軽く噛まれた程度だったので、埋もれる前で良かったー
この後、マキロンで消毒しました。



※虫が苦手な方もいらっしゃると思うので画像は小さくしています。
b0281366_14144779.jpg









神社に到着。
長かったー!
ここから数十分で山頂に到着です!

b0281366_14142697.jpg








神社から山頂まではイワウメが多かった!
これはピンク色のイワウメ。
どうやら、花期が終わり頃になると
ピンクに色を変える個体もあるそう。
初めて見ました!!
b0281366_14141725.jpg









林道歩きから6時間越え・・・
山頂に到着しましたー\(^0^)/
見える芦別岳。
b0281366_14145297.jpg







山頂は虫が凄く、大賑わいということもあり
神社まで降りてしばしの大休止♡


下山しようかーというときに
ヤマレコのユーザーの方が声をかけていただき
ユウバリコザクラ咲いてるよ!と教えてくれました。
そのポイントで目をこらしていると遠くに咲いてるのが見えました。
望遠で激写☆

かなりトリミングしてます。画像も粗いです。


b0281366_14144399.jpg








ユウパリコザクラも撮れたし、来た道を戻ります。
今回は前回のような膝痛もなく下山できてホッとしました。
登りもそんなにキツさは感じなかったので
これからも定期的に自主トレもしよう( ´ ▽ ` )ノ




さてさて。
登山口まで到着し、長い林道を歩きます。
・・・とそこで目を疑う光景が!!




本来林道は車両通行禁止のはず。
(山開き前に管理局に問い合わせましたが、一切の車両は通行禁止との回答済)
それが、地元の団体はトラックだの自家用車でひょいひょいと通行している。。

去年も同じ光景を目にしました。
小学生の団体客。小屋で寝泊まりしていたみたいです。
帰りは通行禁止のはずの林道を車で走行。

その時は、そんなに深くは考えませんでしたが
今回もそのような光景を目にして、とても腹が立ちました。

朝は地元団体トラックの荷台にはが数名乗車してました。
我々一般人には後ろめたい気持ちがあるんでしょうか。
こちらに目を合わせることはなく、顔を背けるように皆うつむいてました。

帰りも、またトラックと乗用車で林道を走行。
b0281366_14151226.jpg


b0281366_14151464.jpg








私達に追いつくなり、「荷台は人でいっぱいだから乗せれないわ~ごめんね~」
そう言って、走り去って行きました。
もう、こんなに腹が立ったのは久しぶりでw
わたくしめは意地くそ悪いので
yahに必死になだめてもらいましたが、腹の虫はおさまらん!
荷台が空いてたとしても意地でも乗らんわ!





通行禁止にするなら、地元団体であろうが一切車両通行は禁止にすべきではなかろうか。
私達一般人は往復14kmを徒歩なり自転車なりで通行しています。





夕張岳を守りたい気持ちもわかります。
林道を開放すると、また登山客が増える。登山道は荒れる。
林道を閉鎖することに関しては、私個人の意見として否定はしません。
(勝手な個人的な感想です。悪しからずです・・・)
ただ、禁止と謳っているのに関わらず、自分たちは何故車で走行している?

どうしても車で走行しなければならない緊急を要する特別な理由がある訳でもない。
管理局では
例外あり。とも
一切そのような記載もないし言われてもいない。

どんな理由があるのかわかりませんが
通行禁止と言われているのだから
車で通るのはいかがなものか。


しかも行きと帰りの2回だけではない。
何回か往復していた。
我々一般人がその光景を見たらどう思うでしょう?
良い気持ちのするものではありません。
自分たちが何気なくやっている行為が
端から見たら反感をかっているということ、わかってほしいです。

特別に優遇されているのか何なのかわかりませんが
何か、、違うと思う。




この日は盗掘防止のパトロールをしていたみたいで
お花の事も詳しく教えてくれたし
笹を刈ってくれたのも、きっと地元の団体の方達だろうと思います。
とってもありがたかったし、気持ちよく登ることができたのに残念でなりません。


帰りの車に置き手紙を発見しました。
「内容は、崩壊現場は気を付けて歩けばそんなに危なくはない。
林道に熊の痕跡あり。
この方が歩行には危険だと思う。
せめて、6~8月のハイシーズンだけでも開放してほしい。
林道開放を望むのなら、要望を出そう」というものでした。
みなさん、思っていることは様々だなと思いました。

こんなことがあり、何だかかなり後味の悪いものになってしまいました。
どうなるかわかりませんが
時間のある時にでももう一度管理局なり役所に問い合わせて
今回の事を報告してみようかなと。



記事にもこのことを細かく記すのはどうかな??と迷いも多少ありましたが
あまりにも理不尽過ぎる!と思ったので書いてみました。
これを読んでどう感じるかは人それぞれだと思います。
実際にこういう行為が行われているのだと知っていただけたらと思います。














by shizuko0421 | 2014-06-24 15:34 | 道央の山 | Comments(22)

またまた美瑛に行ってきた☆ 2014.06.08





へっぽこです~( ´ ▽ ` )ノ
先週は天気が良くなかったですね!
へっぽこ地方も生憎の曇りに雨・・・

でしたので、お山は休み☆
撮影に滝野公園とまたまた美瑛に行ってきました!!←本当に美瑛好きやなー( ̄▽ ̄)





滝野公園のアシリベツの滝。有名みたいですね!
私は初めてみました!
夜来たら怖いだろうなーと思いつつ三脚を使っての撮影♪
一眼持ったら撮ってみたかったのよねー
流れる水・流れる滝を撮るのが!!

作品名・流れる滝。 ( ̄▽ ̄)


b0281366_13231279.jpg



ふふん♪




日曜日は~♡
美瑛の写真展巡り~♪

真三さんとその息子さんの前田晃さんの写真が展示している
拓真館へ♪
※写真はありませんw



おっと、その前に~
そうだ!日曜日は山登りがダメなら
なかなか行く機会が無かった、望岳台散策路で
ナッキーちゃんを観察しようと行ったのですが
霧雨で止めたのです(`・ω・´)シャキーン


それでも、登って行く勇者は数組おりましたよ・・・




そして、真三さんと菊地晴夫さんのギャラリーへ!
へっぽこはヘタレなので深い感銘を受けました。。。

そういえば、菊地さんのギャラリーは北西の丘展望台にあるのですよ。
前に友達とたまたま寄ったのですが
菊地さんの写真の販売店かなーと思っていたのです。
ギャラリーは他に場所があるのだろうと。。
なんと、そこがギャラリーだったのですね。



前回はじっくり鑑賞ではなかったので
今回はゆっくり観てきました♪




ずっとずっと行きたかった
髙橋真澄さんのノースランドギャラリーも行ってみたのですが
本日休館でした(T△T)






ランチはまたもや♡
あるうのぱいん。にて。
b0281366_1348976.jpg




b0281366_13481410.jpg





レジ横には、パンの販売もしています♪
b0281366_13481898.jpg



隣は雑貨スペース。
b0281366_1348227.jpg



b0281366_13482546.jpg






席は、思ってたより多くありました。
連休やラベンダーシーズンにはドッと混むのだろうなー。
店内の様子は
窓も広く、美瑛の景色が見渡せます♪



雰囲気も良いですよ♡
b0281366_13483280.jpg




b0281366_13483690.jpg






私とyahはチーズフォンデュセット。
人気ナンバー1メニューみたいです。
b0281366_13484066.jpg



パンがチーズの器になっています。
このパンも美味しいんですよねー。
b0281366_13485568.jpg



デザートは私は本日のケーキ(ガトーショコラ)
b0281366_13484964.jpg



yahはチーズケーキ。
b0281366_13484683.jpg






ドリンクとチーズそれぞれプラス200円。
b0281366_1349361.jpg



パッと見、足りないと思いましたが
全部食してみると、なかなかお腹いっぱいになりました。







北西の丘展望台では、ルピナスが満開でした。
b0281366_13574135.jpg


b0281366_13574933.jpg








近づくととっても良い香りがして
色とりどりのルピナスガとってもキレイでした( ´ ▽ ` )ノ
b0281366_13582464.jpg



b0281366_13583671.jpg







帰りにたまたま見つけた、嵐の木ーー(`・ω・´)シャキーン
もうブームは過ぎたのか
静かでしたねー。
b0281366_13592985.jpg





お山には行けなかったけれど
楽しかった良い週末でした♡



☆そいえば、そろそろ夕張岳へ登りに行きたいなーと思っていて
管理局に問い合わせをしました。
一応の山開きは6月の21日ですが
例の林道歩き往復14kmは今年も健在みたいです。。

対応が間に合ってない等おっしゃってましたが
余りにの登山客の多さで山を荒らされたくないのかなーなんて
勝手に思っ
たり。。

なので、夕張岳を今年考えている方は
今年も林道歩きありそうです。とのことでした~☆









by shizuko0421 | 2014-06-09 14:11 | フォトダイアリー | Comments(6)

ドキュメンタリー日記:日高連峰・伏美~ピパイロ岳山行 2014.06.01 


かなりキツかった、日高連峰:伏美~ピパイロ岳へ!
注)今回は写真が殆どありません。
登りも下りも辛かった~!
写真を撮りながら登る余裕すらなかった・・・



全てはツクモグサを見るため!かなり意気込んで挑んだ・・・のが災いしたのか、
緊張で前日も熟睡出来ず、ウトウト~目が覚め~の繰り返し。
ロング山行になるので、早朝のAM5時半頃スタート。

登山口までの林道は、とても走行しやすいです。
登山口に到着すると車は4,5台停まってました。さすが・・・!!
いそいそと用意して出発。
あ、帽子新調しました。
ずっと使ってたチェックの帽子は色あせてきていた。
さりげないプレゼント♡

b0281366_940497.jpg




前日に経口補水液を作ってみた。私は市販のスポドリを混ぜてみたが
塩さとうレモン果汁、水で簡単に出来るらしい。レシピを色々と調べてみて、その通り作ってみたらとても美味しくなかった。
人によっては、塩さとう増減してもOKとの事だったので
量を調整してみた。


しばらくは樹林帯を進みます。
道なりはなだらかではありません。
急登、急登続きです。
朝ごはんもしっかり食べたのだけど、何故だかペースが上がらない。
2週空いたから・・・?寝不足もあるのか・・
そんなことを思ってたら、今度は胃が痛くなってきた。

どうしよう、このまま痛くなりすぎて気持ち悪くなったら・・・なんて
ヌプントムラウシの山行を思い出した。まさにあんな感じ。。
しっかし、まあメンタル弱すぎw

何だか頭がクラクラしてきたので、yahに助けを求める。
鎮痛剤を分けてくれた。薬を飲んで少し休んだら復活してきたので登り始める。
水の消費が激しく、異様に喉が渇いた。
どうやら補水液の配合を誤ってしまったらしい。
なんというおバカ・・( ̄□ ̄)しかも水はもはやぬるま湯・・仕方がない。今日はこれで乗り切るしか・・・


胃痛の波も治まってきて、早ペースはキツイけどいつものペースなら登っていけそう。。
やがて視界も開けてきて、お花もチラホラ咲いている!
急登が少しなだらかになり、景色を見る余裕が出てきた。
左側に見える戸蔦別に札内・カムエク・・染みたなあ~
とりあえず、伏美まで・・と思いヒーコラと登る。雪渓もあったけれどアイゼンの出番も無かった。
もう夏山装備で大丈夫。

スタートから3時間かからずで到着。
b0281366_941189.jpg






ほぼ夏山ガイドのコースタイム通り。
山頂には富士フィルムのカメラを持ったおじ様。
続いてかなりの脚力を持っているであろうお兄さんが到着。
もう、素晴らしい景色でバシャバシャとシャッターを切った。
b0281366_941081.jpg


b0281366_941453.jpg


b0281366_9411564.jpg




妙敷山への稜線。
b0281366_9405660.jpg





そこで、富士フィルムのおじさんに写真を撮ってもらった。
おじさんは、妙敷山に向かうらしい。冬山なので夏道は無し。
どっから行くかな~って言いながらハイマツ漕いで去って行きました。
ここまで多少?のハプニングはあったけれど、薬のおかげか体も回復してきた。
ツクちゃんに会いたいし、自分の体調と相談しながらとりあえず向かうことに。

伏からピパまでの道のりは、一旦下ってまた登って・・の繰り返し。
下ってる最中から、これは帰りはかなりキツイなーと思いながら下って行く。
水は相変わらず消費が激しい。
暑いからというより、調合した量が誤ってて喉が渇くみたいな、なんという悪循環・・


やがて、大きな雪渓が見えてきた。雪はシャーベット状で少しズルッといってしまうけれど
アイゼンは無しで大丈夫なレベル。
キックステップで登って行くのだけど、とにかく足が重い。
前に進まない。
何を思ったのか、二足走行がキツイなら四足で・・・♪四つんばいで登ってみた。
そしたら意外に登りやすい。動物の気持ちが分かった気がした。


この大雪渓が終わったら頂上・・・と登ると・・・
・・・あれ?偽ピーク?!本来の山頂は、また下りて登る・・・
また一山越えなくてはならんのかーと一気に気が滅入ってしまった。
でも、まあまだまだ時間はあるし・・・とちんたかと登ることに。
相変わらずの四つんばい登りもしながら。
かなり怪しいのだけど、周りに気をやる余裕がない。
人の居ない時にまたやろう。。
山頂を見ると、3名ほどの姿が確認できた。それが何か凄く嬉しかった。

左手には日高連峰が一望できる。
キレイだなーなんて思いながら、雪渓やら笹薮こきやらあり、
ようやく山頂まであと数分・・・アップダウンは終了。
ここまで来たらもうOK。
あとはこの稜線を歩くだけ・・・

歩きだして6時間近く、山頂に着いた!!
すぐにヤマレコをやっている方ですか?と声をかけられた。
ユーザーのplusさんであった。しばしの談笑をした後、撮影会♪
2ショットも撮ってもらいました。
ゼブラ模様がキレイ。

b0281366_10193639.jpg


b0281366_10194090.jpg




ピパイロの山頂標識横にありました。
b0281366_10192646.jpg




ピパイロの山頂を堪能して、ツクモグサの居る場所へ異動。
いました、いました!この子達会いたさに苦節6時間・・・涙
b0281366_10194428.jpg



b0281366_10201254.jpg


この画像、態勢はこんな感じ。
ちょっと痛々しい。足を踏み外したら滑落しそう。
b0281366_9405213.jpg



コメバツガザクラ
b0281366_10194740.jpg





思う存分撮って、1911へは行かずピパへ戻りました。

ピパへ到着。ここからはまたキツイ登り返しが控えている。
考えると非常に萎えてくる。しかし下りないと帰れないのでw
覚悟を決めて下山。
天気は相変わらずすこぶる良く、更に奥の雌阿寒や十勝連峰、表大雪も見えた。
しかし、シャッターを押す気力も無し。やがて花を見る余裕も出てこず。。。
凄く楽しかったのは尻滑りー!まだまだ滑れました。
尻滑りが終了して、一番の難所(?)伏美の急登。
下りるのも大変だったけれど(段差があって)それを登るとなるとかなり脚に堪える。
やすみながらようやく伏美に到着。行きと帰りとほぼ同タイム。

山頂では、1911.1967を縦走してきた、朝に会った脚力の凄いお兄さんと
二人組のオジサマ(うち一人はチームナックスの鈴井さん似wミスター\(^0^)/)
お疲れさんと迎えてくれた。凄くホッとした。
ここで日高の山々とお別れ。



もう登り返しはない。後はひたすら下るのみ。。水はもう飲みきってしまった。
登山口へ着くのに、まだ2~3Hはかかるであろう。ちょっとヤバイかも・・・
雪渓のある箇所に雪が融けて、道が泥になっていた。
段差もあるので滑らないよう下るのに神経を使う。下っていても汗はかくし水は飲みたいけど飲めない。
しまいには、膝が痛くなってきた。膝周りの筋肉は数年の山行でついたけれど
アップダウンの激しい往復10時間の山行にはさすがに膝も疲労しているのだろうか。
とにかくキツイ。

やがて歩くのもままならなくなり、更にペースは遅くなる。
先を行くyahの背中も見えなくなり、鈴の音も聴こえないほど距離が遠くなってしまっていた。
急ぎたいのだけど足がいう事を利かず、ひたすらのカニ歩きで少しでも膝の負担にならないようにと
そぞろ歩きしながら歩いた。
自分の不甲斐なさもだけど、何だか切なくなって涙目なわたくしめ。

ところどころ、yahは待ってくれて大丈夫?少し休む?あともうちょっとだから頑張ろうとか
声をかけてくれるのだけど、自分も疲れているのに気をつかってくれて申し訳ないなーと思いつつ
返事をするだけで精いっぱいだった。
私は歩きながら、最悪ビバークすることになったらこうしなきゃ・・・とか来週の山行・・しばらくは休もうかな(涙)とか様々な事を考えた。

5合目、3合目、、、看板を見るたびに早く下山したくて更に涙目なわたし。(苦笑)GPSを何度も確認した。

今思えば、何て情けない!!と恥ずかしくなってしまうのだけど
あの時はそれ位、心も体も疲れ果てていた。

一番後に降りて来ていた二人組のおじちゃんグループにも追い越され
私達がラストになってしまった。
ピンときたのか、あまりにの私のヤバさにyahが秘密兵器を出してくれた。
私がふっ・・・( ̄▽ ̄)とほくそえんでいた?膝サポーターをつけてくれたのだ。

yahはお守り的な意味もあり、持ち歩いていたようだった。
両ひざにつけてくれて、歩いてみると不思議なことに!!痛みが消えた・・・!
歩いても段差を下りても痛くなくて、サポーターが神懸かっていた!
今までほくそえんでいたのに!
一瞬にして、( ̄▽ ̄)から、ネ申アイテムに昇進したのだ。




痛みも嘘のように消えてなくなり、下って行くと沢に出た。
b0281366_941741.jpg



あともうちょっとで登山口へ到着だ。
水を欲していたので飲めない代わりに手を洗ってみたらとても気持ち良かった。
ついでに巻いていたストールに水をつけると生き返ったー!!
ふと目線を上にやると、何とエゾノリュウキンカが群生していた。
リュウキンカは今シーズン初だったのでとっても嬉しかった。
私もやっとこ余裕が出てきた。。

あともうちょっとだねーなんてわいのわいのしていたら・・・
登山口へ無事に到着!
何とか下りて来られて良かった・・・

二人組のオジサンが帰る準備をしていたのでお別れの挨拶を。
へっぽこ地方と同じお住まいなのでまた偶然会えたらいいな♪

とにかく水が飲みたし。
パパーッと荷物を揃えて、とりあえず自販のある場所へ。
ようやく水にありつけた時は水のありがたさをしみじみ実感した。
体に染みる感じ。。
何気なく当たり前のように口にしている物も、いざという時にそれが口に出来なくなると
その物のありがたみが身に染みてよくわかった。
それは物に対してでもなく人に対してもそう。
当たり前の事が当たり前にできなくなった時、その物の存在の大きさに気付かされる。

人というのはこれまたおバカなもので、失ってから気付くことがとても多いのだ。
今回の山行は私にとってとても重要な山行であった。
ちょっと大げさだけれど、これから先の山の登り方についてターニングポイントになったと思う。
数々の反省や課題も増えて、自分の装備に関しても見直すきっかけにもなれた。


次の日は膝を曲げるのも辛い位の太腿の筋肉痛。
そして、まぶたを虫にばっちり刺されてしまった。
心も体もグッタリだったけれど、不思議なもので次の日になると
「あ・・次はどの山に行こうかなー♪」
・・・・ん!?

( ̄▽ ̄)

あれだけ辛い思いしたら
日高嫌いになるか?!なんて思う訳がないわね!

2泊3日でコイカク~1839峰、次いでカムエク、1泊2日で北戸蔦~幌尻、チロロ岳、ペテガリ・・・
私の最終目標。
いけるのか・・・
目標は高く!!

目標に近づけるように、地道に気長にしっかりトレーニングして
無理はせず、、、自分の技量にあった山を楽しみたいです(`・ω・´)シャキーン

























by shizuko0421 | 2014-06-06 11:24 | 日高方面 | Comments(6)

ツクモグサに会いに行ったで!日高連峰:伏美岳~ピパイロ岳!





へっぽこです!!
ずっと登りたいと懇願していた?伏美岳~ピパイロまで行ってきました!!


とりあえずな速報版だけササッとUPしました。
今回は、何だか反省の多い山行だったな~汗

往復12時間、今まで登って来た山の中で3本の指に入る位
キツイ山行でした。
登り返しがハンパない!!

日高の山は、とても厳しい!
・・・でも何か魅了されちゃうんですよね(^^)
だからまた登ってしまうという・・・






※画像はピパイロから1911へ向かう途中、ちょっと歩いたところに咲いていました。

b0281366_15503000.jpg














by shizuko0421 | 2014-06-02 15:55 | 日高方面 | Comments(2)