ブログトップ

へっぽこあるぴにすと☆

道央在住。登山大好き!山行記だけでなく、日々の暮らしで気付いたことなんか書く自由日記なのです。


by しず
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カメラ教室へ行ってみた~忘備録~②



カメラ教室の忘備録第二弾。
次回で最終回♪(^3^)





☆基本構図について☆


構図というのも、基本的なことは覚えていて損はないけれども
あまりにも構図にこだわり過ぎないということ。

確かに
「今日は日の丸構図を撮りに行くで!」と意気込んでは撮りに行かないですよね^^;
そう思ったとしても、その通りになんて撮れることはめったにないので。

要は
画像を見て、バランスがとれているかどうか、ラインを大事にすること。


基本的な構図は
メジャーな三分割法。
ファインダー画面の縦と横を三分割して
その線上か交点に被写体を配する考え方です。
分割三分割にこだわらずに、主題が明確になる分割にします。

カメラに寄ってはカスタム設定で格子線を表示させることもできます。
わたしは、ライブビューにしたときに表示させてます。
構図もあるんですが
写すときの傾きを軽減するためもあります。

現像でも修正は出来ますが、できれば撮る段階で注意して撮りたいですよね。


他に
①日の丸構図
②トンネル構図(主題が奥にある)
③シンメトリー構図(上下左右同じもの。逆さ富士とかありますよね)
④三角形構図(三角形を取り入れた構図で、画面に安定感が生まれます。逆三角形では
不安定な印象を表現する時に有効な構図です)
⑤対角線構図
⑥S字・C字構図
⑦パターン構図(例:望遠やズームを使って画面いっぱいに花を撮るetc・・・)
などあります。




写真は引き算。
へっぽこは、結構良い具合に足し算してましたね!!
素敵な景色があると
「あれもいれたい!これもこれも!」と思っちゃうんです。
結果・・・

ごちゃごちゃしてて、何が何だかわからない写真に・・・・

パッと景色を見た時に、自分はその景色の何を主題にするのか。
四角にきっちり物をとらえること。
あれを撮りたいから、これとこれを省くという引き算な考えをしていく。
見極めが大事なのですね。

いれたとしても、2つまで。

足してたので次回から引き算を心掛けてシャッター切ろうと思います!!

写真はバランスが大事!!やで(`・ω・´)シャキーン







☆縦位置・横位置☆

人の目は横に並んでいるので、普段から横位置での視覚に慣れています。
カメラのファインダーも横長なので、どうしても横位置での撮影が多くなります。

被写体によっては、縦位置の方が表現意図がより明確になる場合もあるし、
同じ被写体でも、印象が大きく異なる場合もあります。

迷ったときは、縦と横と両方を撮っておきましょう。


わたくしめは
最近、縦位置がお気に入りです♪
よりメッセージ性の強い写真が撮れる気がするんです。
気が・・・するだけなんですけどね^^;







☆ISO感度とシャッタースピードについて☆

写真の基本はブレないシャープなピントです。
そのためには、速いSSが有効。

明るい場所では低感度でも速いSSを得ることができますが
暗い場所や夕方など、SSが遅くなり手ブレしやすくなります。
そんなときは、感度を上げるとSSも速くなります。

※VR機能がない場合、手ブレしにくい目安
大体、ISO400(1/60秒)







☆ホワイトバランスについて☆



人の目は、どのような光源でも白は白と判断をします。
しかしフィルムは晴天時の太陽光を基準に作られていて
白熱灯下では赤み、蛍光灯下では緑色をおびて写ります。


デジタルカメラは被写体の色の偏りを知ることができます。

●オート
●電球
●蛍光灯
●晴天
●フラッシュ
●曇天
●晴天曇天
●色温度設定
●プリセットがあります。

オートは、どのような光源下でも白いモノは白に近い色調に写すことができる機能で
ほとんどの被写体に効果的なのです。



♪マメポイント♪
朝焼けや夕焼けなど、茜色に染まった空はオートで撮ると
赤みの欠けた写真になります。
ちょいと青っぽいんですよね。
あと、夜店や花火大会など。。

このような場合は、晴天を選ぶと
朝夕の撮影では本来の赤味、夜店などは雰囲気のある写真に仕上がります。
同じ被写体をWBを撮り比べて、自分のイメージにあった作品を選ぶようにしましょう。


●夕日は晴天か晴天曇天
●森の中は晴天にすると、緑がクリアに見えて綺麗に写る。
●夜景は蛍光灯、晴天、電球を選ぶと良い。


基本は晴天モードにして、状況に応じて変えていくのが良いとのこと。
RAWで現像時に変えることもできます(^^)♪









画質モードと画像サイズ

画質モード     圧縮率
●FINE     画像を1/4に圧縮
●NORMAL   画像を1/8に圧縮
●BASIC    画像を1/16に圧縮


高画質で撮った画像は後で画質を落とせませんが
低画質で撮った画像は高画質にはできません。
JPEGの場合はFINEで撮るようにしましょう。


へっぽこは、基本JPEG+RAWで撮ってます。
先生は容量が大きくなるので
RAW+サムネイルがわりにBASICと言ってました。









☆画像の保存について☆


撮るたびに量が増えていく写真・・・
最低でも2つの場所。に保存しましょう。
前はUSBとPCに保存してましたが
USBもすぐいっぱいになるので
今は外付けHDとPCと2つの場所に保存してます。


PCもきちんとこまめにバックアップをとっておくこと。
生徒さんも過去に
いきなりPCがぶっ壊れて
修理を出そうとしたら初期化されてしまって
データが全部消えてたと。。


せっかくたくさん撮った思い出の画像も
一瞬で削除されたら悲しいですよね (´;ω;`)







☆スピードライトの基礎☆


●忠実な色再現
●ブレ防止
●瞬観光による、ストップモーション効果


撮影テクニック

スローシンクロ
ライトをオンにするとSSは自動的に1/60前後になります。
そのため、夜景などを背景にして写すと
人物は明るくなっても背景は暗くなってしまう。

SSを遅くして背景まで写すテクニックです。
ただし、三脚と撮られる人はブレないようにじっとしている必要があります。



デーライトシンクロ
日中でのライト撮影をデーライトシンクロという。
被写体が逆光のときや、日陰にいて背景が明るい時は
暗くなります。
このようなときは、ライトを使うことで、背景との明暗差が少なくなり
自然な感じになります。


※ストロボについて。
近接物などを撮るときは、バウンスするのでおススメしない。
なるべく白あかりを利用する。

補助光として使うのが良い。
(例えばトンネル構図の時などの建物の中から奥の被写体を写すときなど)








☆フィルターについて☆

●保護用フィルター
レンズ表面の汚れや、キズがつくのを防ぎます。

●偏光フィルター
水面の反射や葉のテカリを抑えて本来の色調に仕上げることができます。


最近、フィルターをつけましょう的なことを言われているみたいなので
先生本人の意見ではおススメはあまりしないと。
何故かというと
それだけSSが2段落ちる→ブレやすくなるみたいです。

体験談で、生徒さんが高価なカメラを持って来ていて
写真を見たら、ブレブレ。
ボケボケなのはそういう人っていうのは
確実にフィルターを使っていると。

外すのを忘れてそのままつけっぱなし。

そんな状態みたいです。

トークショーに参加した際に、同じような事を言ってました。
画質も悪くなると。
例えばニコンなら、レンズの上に更にフィルターをつけた場合。なんて考えながら
レンズは作らないと。

レンズだけで写すからこそ、そのレンズの良さが引き立つってもんなんですね。
ここぞ!というときは全部外すみたいです。
相原さんも
それだけそのレンズをカメラを信頼してるってことなのかなー。
生身で勝負なんですよ!!!
頼らないんですね!


ズームだ望遠だの言われてるけど
基本は標準(;´Д`)ハアハア
基本を極めないといけないんですよね!!
学ぶことはたくさんあります。
まずは、実践あるのみ(`・ω・´)シャキーン


一匹狼的なところがあるのかと思ったら
写真展ではとても気さくで、下町のお父さん的な・・・凄く話しやすかったですね。
人柄も好きです(;´Д`)ハアハア

そんな相原さんの影響を受けまくって
最近、一生懸命カメラ勉強してます(;´Д`)ハアハア

そういうところも、またカッコイイです。
へっぽこ、相原さんのファンなのです(;´Д`)ハアハア
・・・まあ、そんなことはどうでもいいですねw





あと。。カメラのお手入れについて。
フィルターの中にもゴミは入りやすい~
マニュアルにして、白い壁を写すと~
ゴミが写って見えるのでチェックするとよろし。


雨や水に濡れた場合~
タオルで外観を良く拭きます~
帰宅後に、面貌で細かい部分を拭いてから
ドライヤーを送風にして乾燥させましょう。




忘備録終わり。
次回は撮影実習。やったるで!
そして反省会です(`・ω・´)シャキーン








名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by shizuko0421 | 2014-03-15 06:03 | life | Comments(0)