ブログトップ

へっぽこあるぴにすと☆

道央在住。登山大好き!山行記だけでなく、日々の暮らしで気付いたことなんか書く自由日記なのです。


by しず
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

ドキュメンタリー日記:日高連峰・伏美~ピパイロ岳山行 2014.06.01 


かなりキツかった、日高連峰:伏美~ピパイロ岳へ!
注)今回は写真が殆どありません。
登りも下りも辛かった~!
写真を撮りながら登る余裕すらなかった・・・



全てはツクモグサを見るため!かなり意気込んで挑んだ・・・のが災いしたのか、
緊張で前日も熟睡出来ず、ウトウト~目が覚め~の繰り返し。
ロング山行になるので、早朝のAM5時半頃スタート。

登山口までの林道は、とても走行しやすいです。
登山口に到着すると車は4,5台停まってました。さすが・・・!!
いそいそと用意して出発。
あ、帽子新調しました。
ずっと使ってたチェックの帽子は色あせてきていた。
さりげないプレゼント♡

b0281366_940497.jpg




前日に経口補水液を作ってみた。私は市販のスポドリを混ぜてみたが
塩さとうレモン果汁、水で簡単に出来るらしい。レシピを色々と調べてみて、その通り作ってみたらとても美味しくなかった。
人によっては、塩さとう増減してもOKとの事だったので
量を調整してみた。


しばらくは樹林帯を進みます。
道なりはなだらかではありません。
急登、急登続きです。
朝ごはんもしっかり食べたのだけど、何故だかペースが上がらない。
2週空いたから・・・?寝不足もあるのか・・
そんなことを思ってたら、今度は胃が痛くなってきた。

どうしよう、このまま痛くなりすぎて気持ち悪くなったら・・・なんて
ヌプントムラウシの山行を思い出した。まさにあんな感じ。。
しっかし、まあメンタル弱すぎw

何だか頭がクラクラしてきたので、yahに助けを求める。
鎮痛剤を分けてくれた。薬を飲んで少し休んだら復活してきたので登り始める。
水の消費が激しく、異様に喉が渇いた。
どうやら補水液の配合を誤ってしまったらしい。
なんというおバカ・・( ̄□ ̄)しかも水はもはやぬるま湯・・仕方がない。今日はこれで乗り切るしか・・・


胃痛の波も治まってきて、早ペースはキツイけどいつものペースなら登っていけそう。。
やがて視界も開けてきて、お花もチラホラ咲いている!
急登が少しなだらかになり、景色を見る余裕が出てきた。
左側に見える戸蔦別に札内・カムエク・・染みたなあ~
とりあえず、伏美まで・・と思いヒーコラと登る。雪渓もあったけれどアイゼンの出番も無かった。
もう夏山装備で大丈夫。

スタートから3時間かからずで到着。
b0281366_941189.jpg






ほぼ夏山ガイドのコースタイム通り。
山頂には富士フィルムのカメラを持ったおじ様。
続いてかなりの脚力を持っているであろうお兄さんが到着。
もう、素晴らしい景色でバシャバシャとシャッターを切った。
b0281366_941081.jpg


b0281366_941453.jpg


b0281366_9411564.jpg




妙敷山への稜線。
b0281366_9405660.jpg





そこで、富士フィルムのおじさんに写真を撮ってもらった。
おじさんは、妙敷山に向かうらしい。冬山なので夏道は無し。
どっから行くかな~って言いながらハイマツ漕いで去って行きました。
ここまで多少?のハプニングはあったけれど、薬のおかげか体も回復してきた。
ツクちゃんに会いたいし、自分の体調と相談しながらとりあえず向かうことに。

伏からピパまでの道のりは、一旦下ってまた登って・・の繰り返し。
下ってる最中から、これは帰りはかなりキツイなーと思いながら下って行く。
水は相変わらず消費が激しい。
暑いからというより、調合した量が誤ってて喉が渇くみたいな、なんという悪循環・・


やがて、大きな雪渓が見えてきた。雪はシャーベット状で少しズルッといってしまうけれど
アイゼンは無しで大丈夫なレベル。
キックステップで登って行くのだけど、とにかく足が重い。
前に進まない。
何を思ったのか、二足走行がキツイなら四足で・・・♪四つんばいで登ってみた。
そしたら意外に登りやすい。動物の気持ちが分かった気がした。


この大雪渓が終わったら頂上・・・と登ると・・・
・・・あれ?偽ピーク?!本来の山頂は、また下りて登る・・・
また一山越えなくてはならんのかーと一気に気が滅入ってしまった。
でも、まあまだまだ時間はあるし・・・とちんたかと登ることに。
相変わらずの四つんばい登りもしながら。
かなり怪しいのだけど、周りに気をやる余裕がない。
人の居ない時にまたやろう。。
山頂を見ると、3名ほどの姿が確認できた。それが何か凄く嬉しかった。

左手には日高連峰が一望できる。
キレイだなーなんて思いながら、雪渓やら笹薮こきやらあり、
ようやく山頂まであと数分・・・アップダウンは終了。
ここまで来たらもうOK。
あとはこの稜線を歩くだけ・・・

歩きだして6時間近く、山頂に着いた!!
すぐにヤマレコをやっている方ですか?と声をかけられた。
ユーザーのplusさんであった。しばしの談笑をした後、撮影会♪
2ショットも撮ってもらいました。
ゼブラ模様がキレイ。

b0281366_10193639.jpg


b0281366_10194090.jpg




ピパイロの山頂標識横にありました。
b0281366_10192646.jpg




ピパイロの山頂を堪能して、ツクモグサの居る場所へ異動。
いました、いました!この子達会いたさに苦節6時間・・・涙
b0281366_10194428.jpg



b0281366_10201254.jpg


この画像、態勢はこんな感じ。
ちょっと痛々しい。足を踏み外したら滑落しそう。
b0281366_9405213.jpg



コメバツガザクラ
b0281366_10194740.jpg





思う存分撮って、1911へは行かずピパへ戻りました。

ピパへ到着。ここからはまたキツイ登り返しが控えている。
考えると非常に萎えてくる。しかし下りないと帰れないのでw
覚悟を決めて下山。
天気は相変わらずすこぶる良く、更に奥の雌阿寒や十勝連峰、表大雪も見えた。
しかし、シャッターを押す気力も無し。やがて花を見る余裕も出てこず。。。
凄く楽しかったのは尻滑りー!まだまだ滑れました。
尻滑りが終了して、一番の難所(?)伏美の急登。
下りるのも大変だったけれど(段差があって)それを登るとなるとかなり脚に堪える。
やすみながらようやく伏美に到着。行きと帰りとほぼ同タイム。

山頂では、1911.1967を縦走してきた、朝に会った脚力の凄いお兄さんと
二人組のオジサマ(うち一人はチームナックスの鈴井さん似wミスター\(^0^)/)
お疲れさんと迎えてくれた。凄くホッとした。
ここで日高の山々とお別れ。



もう登り返しはない。後はひたすら下るのみ。。水はもう飲みきってしまった。
登山口へ着くのに、まだ2~3Hはかかるであろう。ちょっとヤバイかも・・・
雪渓のある箇所に雪が融けて、道が泥になっていた。
段差もあるので滑らないよう下るのに神経を使う。下っていても汗はかくし水は飲みたいけど飲めない。
しまいには、膝が痛くなってきた。膝周りの筋肉は数年の山行でついたけれど
アップダウンの激しい往復10時間の山行にはさすがに膝も疲労しているのだろうか。
とにかくキツイ。

やがて歩くのもままならなくなり、更にペースは遅くなる。
先を行くyahの背中も見えなくなり、鈴の音も聴こえないほど距離が遠くなってしまっていた。
急ぎたいのだけど足がいう事を利かず、ひたすらのカニ歩きで少しでも膝の負担にならないようにと
そぞろ歩きしながら歩いた。
自分の不甲斐なさもだけど、何だか切なくなって涙目なわたくしめ。

ところどころ、yahは待ってくれて大丈夫?少し休む?あともうちょっとだから頑張ろうとか
声をかけてくれるのだけど、自分も疲れているのに気をつかってくれて申し訳ないなーと思いつつ
返事をするだけで精いっぱいだった。
私は歩きながら、最悪ビバークすることになったらこうしなきゃ・・・とか来週の山行・・しばらくは休もうかな(涙)とか様々な事を考えた。

5合目、3合目、、、看板を見るたびに早く下山したくて更に涙目なわたし。(苦笑)GPSを何度も確認した。

今思えば、何て情けない!!と恥ずかしくなってしまうのだけど
あの時はそれ位、心も体も疲れ果てていた。

一番後に降りて来ていた二人組のおじちゃんグループにも追い越され
私達がラストになってしまった。
ピンときたのか、あまりにの私のヤバさにyahが秘密兵器を出してくれた。
私がふっ・・・( ̄▽ ̄)とほくそえんでいた?膝サポーターをつけてくれたのだ。

yahはお守り的な意味もあり、持ち歩いていたようだった。
両ひざにつけてくれて、歩いてみると不思議なことに!!痛みが消えた・・・!
歩いても段差を下りても痛くなくて、サポーターが神懸かっていた!
今までほくそえんでいたのに!
一瞬にして、( ̄▽ ̄)から、ネ申アイテムに昇進したのだ。




痛みも嘘のように消えてなくなり、下って行くと沢に出た。
b0281366_941741.jpg



あともうちょっとで登山口へ到着だ。
水を欲していたので飲めない代わりに手を洗ってみたらとても気持ち良かった。
ついでに巻いていたストールに水をつけると生き返ったー!!
ふと目線を上にやると、何とエゾノリュウキンカが群生していた。
リュウキンカは今シーズン初だったのでとっても嬉しかった。
私もやっとこ余裕が出てきた。。

あともうちょっとだねーなんてわいのわいのしていたら・・・
登山口へ無事に到着!
何とか下りて来られて良かった・・・

二人組のオジサンが帰る準備をしていたのでお別れの挨拶を。
へっぽこ地方と同じお住まいなのでまた偶然会えたらいいな♪

とにかく水が飲みたし。
パパーッと荷物を揃えて、とりあえず自販のある場所へ。
ようやく水にありつけた時は水のありがたさをしみじみ実感した。
体に染みる感じ。。
何気なく当たり前のように口にしている物も、いざという時にそれが口に出来なくなると
その物のありがたみが身に染みてよくわかった。
それは物に対してでもなく人に対してもそう。
当たり前の事が当たり前にできなくなった時、その物の存在の大きさに気付かされる。

人というのはこれまたおバカなもので、失ってから気付くことがとても多いのだ。
今回の山行は私にとってとても重要な山行であった。
ちょっと大げさだけれど、これから先の山の登り方についてターニングポイントになったと思う。
数々の反省や課題も増えて、自分の装備に関しても見直すきっかけにもなれた。


次の日は膝を曲げるのも辛い位の太腿の筋肉痛。
そして、まぶたを虫にばっちり刺されてしまった。
心も体もグッタリだったけれど、不思議なもので次の日になると
「あ・・次はどの山に行こうかなー♪」
・・・・ん!?

( ̄▽ ̄)

あれだけ辛い思いしたら
日高嫌いになるか?!なんて思う訳がないわね!

2泊3日でコイカク~1839峰、次いでカムエク、1泊2日で北戸蔦~幌尻、チロロ岳、ペテガリ・・・
私の最終目標。
いけるのか・・・
目標は高く!!

目標に近づけるように、地道に気長にしっかりトレーニングして
無理はせず、、、自分の技量にあった山を楽しみたいです(`・ω・´)シャキーン

























Commented by ピータンまま at 2014-06-07 00:05 x
しずさん、こんばんにゃ。

大変な山行だったようですね
お疲れ様です。

先にyahさんのブログで写真は拝見しましたが
本当にすばらしい景色!しっかりオサシンで伝わってきました。
ちょっと沈んでいた気分が軽くなった感じ
写真って心を動かしてくれるのね♪

ツクモグサ、とっても可愛い!!

膝サポーターをお守り的に持参していたyahさんが
神様に見えたでしょうね~
私ももしもの時のために持ち歩こうかな。。。

Commented by shizuko0421 at 2014-06-07 08:54
☆ぴーさん、おはようございます〜( ´ ▽ ` )ノ
今回は面白記事では無かったのですが、自分自身の記録みたいな感じで書いてみました〜♡

ツクモグサとっても可愛いらしかったです!花と言えば、日高のカムイビランジも見たいのです…( ̄▽ ̄)

サポーターも薬も、お世話になりっぱなしでした!
私も早速、ザックの救急セットに薬を追加しました。
昨日、サポーターもネットでお買い上げしましたよ♡万一の為に…(^^)


Commented by toto at 2014-06-07 15:13 x
面白い記事になりましたね、なかなか読みごたえが有る。
体調不良で十数時間、エスケープルートが無いのは辛い。
膝が痛くなったのはもしかしたら脱水症でむくみが膝に影響したのかもしれませんね。
サポーターで痛みが軽減したのはむくみが散ったおかげ。?
水分補給さえ出来ていたらいつもの(`・ω・´)シャキーンが出まくりかと思います。

ツクモグサは見た事が無い、福寿草に似ている様な気がしますが。
それより誰かの四足歩行を見たい。

貴重な体験を積み重ねてベテランの域に入って行く、良かったですね。(^.^)
Commented by shizuko0421 at 2014-06-07 16:45
☆totoさん、こんにちは。
記事読み応えありましたかね?!

今回は、ドキュメンタリータッチにしてみたのです!
軽い脱水症状起こしていたのだと思います~
次の日も、水分摂ってもまだ何か足りないみたいな
状態が続きました。

ツクモグサは本州では白馬岳、八ヶ岳等に咲くみたいです(^^)
四つんばい走行は意外に良かったですよ!
急登の積雪期なんて威力を発揮するかもしれませんね(`・ω・´)シャキーン

ベテランの域に入っていくんですかねー。
もう、最近は登るたびに反省ばかりですw
頑張りますよ(`・ω・´)シャキーン
Commented by buchiko_photo at 2014-06-07 22:20
しずさん、こんばんは〜☆
まゆみ先生の中級クラスで一緒の「えみ」ことbuchikoです。
ブログに訪問いただきありがとうございました^^

かなり本格的に登山をしているんですね〜!
私は随分前に屋久島で縄文杉トレッキングをしたことがありますが、往復10時間かかってヘトヘトになりました。
そのとき撮った写真もありますが、写真を始めてそんなにたっていなかったこともあって、かなり残念な写真ばかりです(汗)

またお邪魔しますね〜^^
Commented by shizuko0421 at 2014-06-08 19:51
☆えみさーん♡こちらこそ〜訪問ありがとうございます♡
えみさんのブログ、ずっと前からお気に入りしていたのですよ( ´ ▽ ` )ノ
まさか、リンクしている方と講座でお会い出来るとは…!
デスティニー感じますねぇ( ̄▽ ̄)
ふふ♫

屋久島、死ぬまでに一度行ってみたいと思っております〜☆
往復10時間とは!かなりのロングトレッキングですね((((;゚Д゚)))))))

えみさんの写真、私は大好きなので
とても参考にさせてもらっています♡
私はまだ写真初心者なので、
自分の写真スタイルが決まっておらず発展途上な感じです。。
色々と試したい欲が多くて、これから
気持ちも固まってくるのでしょうかね…

講座でも、FBでも沢山絡みましょうねぇ( ´ ▽ ` )ノ


名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by shizuko0421 | 2014-06-06 11:24 | 日高連峰 | Comments(6)